キュートミーで副作用は起きるのか

キュートミーで副作用は起きるのか

 

キュートミーだけでなくサプリを取るときに気になるのがその副作用。
健康になるためなのに体に異常が出てしまっては意味がないですからね。

 

ということで今回はそんなキュートミーの副作用の危険性について知らべました。

 

副作用が起こる可能性のある人

キュートミーを飲むことで副作用が出てしまう可能性のある人をまず紹介。
それは以下の人たち

 

  • 風邪薬などを使ってる人
  • 妊娠、授乳中の人

 

この2つ。
風邪薬に関してはキュートミー自体が薬ではなく栄養のサプリなので基本的には問題ありませんが、気になる人は確認してくださいという程度。

 

 

妊娠中は全面的にお勧めしていません。
妊娠中にダイエットや体のラインをきれいにしようとすると胎児に悪い影響を与えかねないということですね。
まずはしっかり出産してからダイエットしましょうということです。

 

副作用が起こりにくくする工夫

キュートミーを飲むことによって副作用が起こる可能性というのはない、と言い切ることはできません。
個人差がありますからね。
ただ、副作用が起こらないように最大限の注意はしてるんです。

 

その注意の一つが含まれる成分。

 

特許のある安全な成分

その成分ですがキュートミーでは多くがアメリカでの特許を取得しています。

 

 

リポサンウルトラという成分は摂取すると脂肪を体に吸収しにくくしてくれるありがたい成分。
でも、量を間違えると便秘になってしまうこともあるんですね。

 

でもキュートミーではこのように特許を取り、安全な製法や量を考えて作られています。
なので副作用の可能性がぐっと低くなってるんです。
⇒リポサンウルトラとキュートミーの関係についてはこちら

 

また、その安全性を確保するのに必要な製造状況もしっかり公開。

 

 

少し前に中国でトラブルがあった企業もありましたがしっかり国内で作られています。
口に入れるものなのでホコリすらたまらないように毎日点検掃除をしてるようですね。

 

品質検査済み!

キュートミーは上のように製造過程にも気を使っていますがさらにもう一つ。
科学的な品質検査でしっかり放射線の有無を調べてるんです。

 

 

中身がサプリということでいろんなところから原材料を集めてきます。
最近だと原発の影響もあり安全性が気になるところでもありますが、そのあたりはキュートミーは問題ありません。
副作用の原因ともなりえる放射能の危険性がないのは安心ですよね。

 

実験でその安全性を検証!

キュートミーはこの副作用、安全だということの証明を最後に行っています。
その証明というのが実際の人間でテスト

 

 

⇒ダイエット効果は科学的根拠があるで解説しましたが、その効果とともに安全性の調査もしていたんですね。
自社ではない第三者機関でしっかり検証してもらったということが副作用がない、安全性の証明にもなっています。
ほぼ一か月間のしようということで実験としては十分かなと思います。

 

副作用まとめ

 

実験でも副作用は出ていない
妊娠中は注意

 

こんなかんじです。
普通の人であればその副作用や安全性について気にする必要はないでしょう。

 

 

⇒キュートミーの購入はこちらから

 

関連ページ

エクササイズダンスってどんなもの?どれだけやればいいの?
キュートミーのエクササイズダンスについての詳細です。どんな動きをするのか、きついのかきつくないのかを解説してみました。
キュートミーを飲むタイミング、飲み方詳細
キュートミーには一応飲むべきタイミングと正しい飲み方というのが存在します。できるだけベストな飲み方をしたい!という人のために調査してきました。

キュートミートップページ 食事制限がいらない秘密 飲むタイミング、飲み方詳細